中学受験の講師の価値

中学受験の場合大学受験とは異なり、専門的かつ高度な知識というものは求められません。
そのため、講師の必要性について否定的な見解もあります。しかし、中学受験自体、その過去問の量は膨大にありそれぞれの受験する中学によって個別に対策を立てる必要性があります。
そのため、中学受験の講師は社会的に見て必要な職業であるといえます。しかし、中学受験を受け持つ講師の中には高校受験や大学受験なども受け持つ講師が多いため、中学受験にのみ特化した講師はなかなかいないのが現状です。そのため、とりあえず、受講者である小学生の学力を上げれば良いという風に考えている人もいます。
しかし、中学受験の場合、ひらめきや思考というものが特に大切にされる傾向があるため、単に受講者の学力を上げればよいといことではありません。
そこに気付いている講師か否かでその講師の価値が決まるといっても過言ではありません。そのため、中学受験を担当する場合、どのような中学でどのような事柄が求められtいるのかをしっかり分析して生徒に教える意識を持つことが大切です。
そのような姿勢で何年か授業を行っていくと他人とは比べもにならないほど良い授業を行うことができます。