中学受験の塾講師になるには

中学受験の塾講師の求人に応募して採用されるために必要なことは、指導する相手が小学生であるということです。
受験というと賢そうなイメージがあって、指導する相手も頭が良いと思いがちですが、やはり自分の尺度と同じくして説明しても理解してもらうことができないのです。
講師として相手が理解できるレベルまで説明もよりわかりやすくし、使用する言葉自体も理解しやすいようにかみ砕いて説明することが必要になります。
そのため講師の求人で注目される点として、相手の立場に立って説明ができること、それでも相手が理解できていないと思われる場合には別の面から説明するだけのいくつもの説明手法を持ち合わせていることが挙げられます。
講師自身にとっては当たり前のことを知らない相手に理解させる手段をいくつも持っていることが重要になります。
また中学受験はその中学独特の試験問題が出されることが多いために、それぞれの中学校の試験問題の特徴を把握しておくこと、それを何年間もの試験から傾向を読み、翌年の対策ができるという分析力も求人の採用の際には必要になります。
授業をわかりやすく説明できるのは勿論ですが、傾向を知って合格に向けて適切な問題に取り組ませることができる点、そしてその結果として合格者を多く輩出させて実績として自分に跳ね返らせることができる人かどうかを求人採用の際には見られます。