勤務時間と休暇

塾の講師をやりたいと思ったとしても、決して誰でもできるという訳ではありません。
塾の中にはある程度の実力があって教えるスキルを持っている人ならいいという所もありますし、大学卒業で、その大学も指定されているような塾もあります。
後者のようなエリートを集めているような塾の場合は、中学受験など早くから受験を希望しているような生徒を対象とした塾や、高校受験や大学受験の場合でもトップクラスの学校に入る専門の塾だったりする場合が多いです。
そういう塾講師の場合の求人は比較的お給料や時給も高い設定になっています。
このように塾講師の求人はその塾のレベルや用途によって変わります。ではそんな塾講師の勤務時間や休暇はどのようになっているのでしょうか。
塾の授業というのは60分の場合や90分の場合があります。必須になる科目はどれだけ受講する曜日が一週間に何度かあるのでそこまで一度の授業時間を長くすることはないのですが、一週間に一回など限られた時間でしか学べない場合は90分授業などで長めに設定されているところがあります。講師の勤務時間は一コマという数え方でいくので、一日に何コマもある場合もありますし、一コマで終わる場合もあります。休暇なども試験前は休みがなかったりしますが、あとは定期的に休めるようになっています。