コミュニケーション能力も重要

講師の求人で、求められることにコミュニケーション能力があります。
極端な話、塾は生徒の成績を上げる場所です。ですが、特に小中学生を対象とした塾に関して言えば、どんなにキレのある授業が出来ても、どんなに分かりやすい授業が出来ても、授業が終わればすぐに講師室に戻ってしまったり、淡々と授業をしてしまえば、直接生徒の成績アップにつながるとは言えません。
逆に、積極的に生徒に関わろうとするコミュニケーション能力の高い講師の話には、生徒は耳を傾け、授業の取り組み方に大きな差が出来ます。
結果コミュニケーション能力は、生徒の成績を上げるのに重要な能力となるのです。
講師の求人の中で、もともと生徒を引き付ける能力のある講師は、そう多くはいません。
まずは、生徒の名前を呼んであげることからスタートすると、生徒との距離もぐっと近くなるかもしれません。簡単な事のように感じますが、名前を呼ぶだけではなく、「関心があるんだよ」という意味を含めることは、なかなか難しいことです。
生徒との間に信頼関係がなければ、関心がなければ、どんなに授業の質を高めても、生徒に届きにくくなってしまいます。
生徒一人一人に講師が興味を持ち、名前を呼ぶことは、信頼関係につながり、成績を上げるという本来の目標が近くなるかもしれません。