指導スキルと合格実績

中学受験や大学受験で、塾にお世話になった人は少なくありません。塾の講師の仕事も身近に感じている人や興味を持っている人も多いのではないでしょうか。塾講師の求人は数多く見ますが、実際、どのようにすればなれるのでしょう。
塾講師の求人に応募する前に、まず確認したいことが基礎知識です。生徒に勉強を教えるためには、その教科についてしっかりと理解していなくてはいけません。まずは、教えたい科目について現時点でどの程度、理解し覚えているか確認してみましょう。
塾では優秀な人材を確保すべく、頻繁に募集をかけていたりします。この募集は情報誌やインターネットの求人サイト、塾のサイトなどで探すことができます。
塾講師の求人の際には、応募の際には学歴も必要ですが、人に教える仕事なのでコミュニケーションがきちんと取れるということが大切です。面接の際には、大きな声でハキハキと明るく話すのが良いでしょう。
応募の際には、面接の他に適性試験が行われる場合が多いです。適性試験では、希望する科目だけでなく基礎科目(英語、数学、国語)について試験を行う場合があるので注意しましょう。
採用が決定した後も準備は必要です。例えば、生徒により分かりやすく説明するために授業の予習や復習を行う必要があります。大変な部分もありますが、生徒がわからないことを理解して成長して行くのを助ける仕事はとてもやりがいがあります。