個別指導塾の講師

学習塾の講師もいろいろな働き方があるが、個別指導の講師の場合には集団授業の講師とは違い、多くの生徒に対して一遍に指導するための大きな声や大きく黒板に書いたりする技術は必要とされることは少ないです。
多くでも一度に2〜3名の生徒を担当することになり、また基本的に生徒がテキストを自主的に進めていく間で、不明な点があれば個別に指導するというスタイルになります。
そのため個別指導塾の講師の求人で必要なスキル以外に、人物が重視されることが多いです。
生徒が話しかけやすい雰囲気だったり、また話し方もソフトでありながらしっかりとした話し方である講師の方が生徒からの評判がいいようです。
教室中に響き渡るような声でなくても十分に対応できるために、あとはその指導方法が生徒からわかりやすい内容だったり、また時には楽しく進められる内容であったりと、魅力ある授業を進めることができるというスキルも問われます。
個別指導塾の講師の多くが、担当する生徒の数が少数な故に、その生徒ひとりひとりの成績について把握しておくことができ、指導においても生徒によって指導法を変えたりして、その生徒にわかりやすい説明ができるような、臨機対応力に優れた人が適しており、求人採用においてはそういった面が重視されます。