塾の風景

学歴は重要か

学歴は重要か

学校の教諭と異なり、塾や予備校の講師は、教員免許がなくても求人に応募できます。つまり、大学時代に教職課程を修得していなくても、塾講師の求人に応募して採用されることが可能です。
勉強ができることと、他社に勉強を教える能力は異なり、一概に名門大学出身者ばかりがカリスマ講師になれるわけではありません。
私立高校では以前から行われていますが、都市部の公立中学校でも、学力向上のために有名進学塾と提携して土曜日特別講座を行っているとこもあります。学習への関心度は地域によって大きく異なり、難関校に多くの生徒を合格させている学校には行政視察が行われ、優秀な講師は教員としてスカウトされることも珍しくありません。
公立学校に採用されるには、教員免許を修得したのち、自治体が行う教員採用試験に合格しなくてはなりません。教員試験には面接があり、この面接がコネ採用を疑われる原因になっています。
塾などの講師の中には教員採用されず、毎年採用試験を続けている者は昔からいますが、学校環境は大きく変わってきています。
グローバル化の中、他科の授業にも英語を取り入れ、求人欄には英語が話せる方を優先採用する学校も増えてきています。難関校に多く合格させられる、英語で授業を行うことができるなど、過去の求人ではないことが教育現場では求められ、塾講師としてスキルを上げることが、社会のニーズに対応できます。

働く時間帯

塾の講師とは、教材の研究・授業の予習といった生徒たちに教える上で必要となる作業を、勤務終了後や空いた時間で行ないますから、塾によって違いはあるものの講師の勤務開始時間はおおよそ13時位となります。ですが午前中などの勤務時間以外に研修・会議などが入ることがあります。
そういった理由から予備校や塾の講師の求人に13時からの勤務が多いのが一般的です。
13時以降に出勤をしてから授業の準備と清掃があり、授業後には報告書を作ったり生徒への指導、さらに別の業務をこなします。
通常、講師の勤務としてはサラリーマンと同じ勤務時間で、終わる時間は大体22時頃になることが大半ですので、求人内容としては13時からの8時間勤務で募集することが多いです。
ですが、このお仕事は対象が小学生から高校生であるため、学校が終わってから通う予備校や塾での勉強は夕方から夜の時間で行われます。したがって勤務そのものは13時以降であっても、メインの授業にあてられる時間が18時以降ですので、授業のための準備ができるのならメインの時間帯のみでの仕事も可能なので、人気のある求人です。
そのため、他の仕事をしながら空いた夜の時間に講師の仕事を希望するフリーターや、日中は大学で授業を受けるため学校へ通って、終わってから働く大学生も多く、予備校や塾の講師の求人に応募するのはフリーター・大学生・主婦の方が多いのです。

未経験でも応募可能か

塾講師の求人情報などを駅前の看板や広告などで目にする機会が多いですが、多くの看板や広告では、未経験でも大丈夫と書かれています。
ですが、実際に、自分が先生となって教えるとなると本当に未経験でもよいのか心配になりますよね。
ここで重要なのは、自分のできる範囲をしっかりと前もって定めておくことです。というのも、講師の求人で良く出ているのは、小学生から高校生くらいまでを対象としたものです。小学生と高校生では教える科目や難易度が全く異なるため、その教え方や事前準備などに大きな差があります。そのため、自分が小学生から高校生の間でどの層であるなら過度な事前準備を必要としないで教えることができるのかをよく考える必要があります。
また、科目についても自分が学生であったころの状況をそのまま基準として考えるのは危険です。
そもそも、卒業してから時間が経過しているため記憶が減退していることがほとんどです。
そのため、自分が高校生のときに日本史や世界史が得意であったとしても、現在、当時と同じ学力を持っているということはほとんどありません。したがって、自分自身の現在の学力をよく考えた上で、自分が教えることができる教科を選択することが大切です。
これらのことを決めておけば、未経験であっても応募は十分可能ですし継続して仕事をできます。

中学受験の講師求人を探す

講師の求人を見つけるには、できる限り多くの情報を収集することが重要になります。
講師の求人にまつわる話題が、ここまで大きく取り上げられるようになってきたのは、それだけ多くの人が関心を寄せていることを物語っているといえるでしょう。
最近では、少子化の影響もあり、少ない子供に大きな期待を寄せる保護者も多くなっていることもあり、中学受験に挑戦する家庭も増えてきています。そんなこともあり、個別指導塾や集団指導塾、家庭教師派遣センターなどが注目を集めているのです。
講師の求人を探すにあたっては、ネットワークサービスを上手く活用して行うことも得策といえるでしょう。ネット時代の今では、多くの塾や家庭教師センターが、ネットワークを活用しての募集活動を行う動きも活発化しています。
講師の求人を見つけるには、広い視野を持つことも重要です。ただ単に給料が高いからといって、飛びつくことにより、後悔することにつながるケースもあるものです。情報を十分に精査することが求められます。
必要とされる人材になるためには、より自分に合った塾などを選ぶことが大切です。教育現場に寄せられる期待の声が増している今、やりがいのある仕事といえるでしょう。

学歴は関係するか

学習塾講師として、東大や京大の学生だったり、それらを卒業した人の方が人気があったのです。そのような立派な学校を出ている人は頭がいい人が多く、その人から教えられれば、わが子も頭がよくなると考える人が多かったのです。
しかしながら、塾講師として活躍できる力量は、その人の学歴ではなく教え方によるところが大きいということが世間一般に認識されてきました。
テレビに人気のある講師が出演していますが、概してその指導法はわかりやすく、それ故テレビという枠組みであっても多くの年齢層から人気になっています。
このような背景から学習塾講師の求人も最近では出身学校や在籍大学が問われないものが多いです。求人において注目されるのがその人のキャラクターです。暗いよりも明るい方が、小声よりも大きな声の人が良く、必要な資質を備えている人であれば、指導法は後からでも身につけることができます。
塾講師の求人においては一般企業の面接や筆記試験以外に、模擬授業をおこなったりするところが多いです。最初の模擬授業の段階では指導方法のうまさは問われることが少ないです。逆に明るく大きな声で熱意を持っていることが注目されることが多く、指導方法がいまいちであっても採用されることが多いです。
求人には記載されていないことが多いですが、最初から指導のうまさを問われることが少なく、講師としての資質をみられているということを意識することが重要です。

個別指導講師の仕事

自身の勉強経験を活かして大学生時代に多くの学生の方々が塾講師として働いています。
大学生が卒業する時期に合わせて2〜3月に多くの求人募集がかかります。時給・拘束時間・対象生徒・個別指導など様々な条件があります。今の生徒さんは集団で授業を受けて質問することが苦手な方が多いので求人の中で特に個別指導講師の需要が増えています。
職場は様々な講師がいます。学歴は六大学〜日東駒専レベル位が多いです。実際に働いてみると分かることですが、勉強が不得意な生徒は勉強の仕方が分かりません。それを個別指導を通じて理解させることが重要です。
彼等は勉強の仕方を理解したら地道に努力を続ける可能性が高いです。それは理解できれば簡単に問題を解くことができるからです。それに気づいて無い講師は沢山おります。自分達が高校や中学時代に勉強で何を悩んでいたかを考えてあげれば自ずとやるべきことが見えてきます。
講師は基本的に勉強が元々できる方々が多いので何故勉強が出来るかが分かってない方も見受けられます。そこで、この何故をクリアすることで講師としての実力も上がります。
全体を纏めますと講師として重要なことは学生の立場になって何を悩んでいるか考える。勉強のやり方を早めに教え込む。生徒さんと積極的にコミュニケーションを取ることを意識すれば時給も指導のスキルも上がります。
参考サイト